最近はうまくいきません…

  • URLをコピーしました!

藤原です。

先週14日、昨日。

結婚式の作り方ワークショップや
結婚指輪を取りに行ったりして、
ほとんど休み的な1日でした。

本来なら2日とも
幸せいっぱいの1日になるはずです。

でも実は2日とも
幸せいっぱいにはなっていません。

というのも、
友人との約束が当日に変更になったり、

結婚指輪もお会計のミスで待たされて、
予約していた寿司屋を
キャンセルすることになったり…

ちょっとイライラすることが
あったからです。

めちゃくちゃ怒っているわけではありませんが、
スッキリしない日が続いてるんですね。

普段は
あまりイライラしないタイプなのですが、
なぜかその2日はイライラしました。

なぜだろう?
って考えていたら、、、

僕の中で1つの答えが見つかりました。

どちらも僕の都合ではなく、
相手の都合だということ。

つまり
僕がコントロールできない都合なのです。

僕がセールスコピーライターに
なりたいと思った理由の一つが
自由に決める人生を手に入れたかったから。

というのがあります。

そしてその人生を手に入れるために
必死に行動してきた結果、

今は仕事もプライベートも
すべて自分で決められるようになりました。

まだまだ十分な休みを
取れているわけではありませんが、

少しずつ働く時間を減らし、
収入をあげることもできています。

そしてここ数ヶ月は
タスク管理もかなり精度が
上がってきているため、

最近はほとんど自分で
コントロールすることができる
1日が続いていたわけです。

しかし、14日と昨日は
僕がどうすることもできない
相手の都合。

人は完璧ではないですから、
ミスなどはします。

それはわかっているので、
あまり人を責めたりすることはありません。

ただ、突発的な予定ではなく、
ある程度前から入れていた予定だったため、

当日にそのようなトラブルが起こると
ちょっとイラッとしちゃった
という感じですね。

で、会社に雇われて働いていると
こんなことばかりですよね。

会社って上司やお客さん、
会社全体ありきで事が運びますから、
自分自身の自由は非常に低いです。

もし仮に
自由に物事を進めようとしたら、
周りからは指摘が入ったり、
冷ややかな目で見られます。

会社に雇われていることは
安定ではありますが、
自由に行動できません。

なので、
僕は本当に独立して良かったと思っています。

なぜなら、
1人で仕事をするので、
全て自分の責任になり、

「誰かのせいにする」

という考え自体がなくなり
イライラすることが減るからです。

主体的に生きることは非常に重要です。

「7つの習慣」でも
第一の習慣として出てきますし、

各業界で活躍されている方々は
主体的に生きている方ばかりです。

それにその方たちのほとんどが
「主体的に生きる」ことが、

人生を切り拓くポイントである

とおっしゃっています。

あなたは主体的に
生きることができていますか?

1日の中で自分でコントロール
できている割合はどれくらいですか?

もしあなたが自分で
コントロールできる割合を増やしたいのなら、
「7つの習慣」を読んでみてください。

・主体的に生きる

・関心の輪、影響の輪

の話がきっと役に立つはずです。

本日は雨ですが、
主体的に生きるには
どう考えればいいでしょうか?

ということを考えながら、
本日も素晴らしい1日を過ごしていきましょう!

藤原

P.S

「7つの習慣」を持っていない方は
こちらにリンクを貼っておきますね。

https://amzn.to/2VYPdg3

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったら今すぐシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

セールスコピーライターが最短最速で独立を成功させるための無料レポート

独立を1年以内に成功させるセールスコピーライターのための仕事の獲得方法やマインドセット、時間管理術などについてまとめているので、非常にお役に立つはずです。

この記事を書いた人

父はサラリーマン、母は専業主婦と一般的な家庭で不自由なく過ごさせてもらい、4年制大学卒業後、商社に入社。

その後、脱サラして個人セレクトショップで販売・セールスの基礎を学ぶ。

4年半働いたアパレル販売を退社。

フリーターとして飲食店で働きながら、将来の夢は特になく漠然とただ過ごす日々を送る。

そして30歳が見えてきた29歳の時に転職活動中に

「ペン一本あれば食いっぱぐれないスキル」

という謳い文句に惹かれセールスライティングに興味を持つ。

しかし、2年半で200万円以上の教材を購入し勉強するもたった2万円しか稼げずにセールスコピーライターを諦めかける。

そんな時に2020年4月にコロナウイルスの影響で32歳にして無職になる。

収入源がなくなり、それまで2年半勉強していたセールスライティングで収入を得ることを決意。

それから4ヶ月後には月商66万円を達成し、同年10月には月商132万円。

2021年4月に月商201万円、同年7月には月商375万円を達成し、年商1400万円を突破。

2022年はクライアントの右腕ポジションで年間契約1000万円を結び、現在4社と月額契約を結ぶ。

駆け出しセールスコピーライターが案件を獲得するための営業文作成を得意とする。

出身:大阪
趣味:読書
特技:時間管理

コメント

コメントする

目次