こんな不思議な体験したことがありますか?

  • URLをコピーしました!

 

藤原です。

 

あなたはスポーツをやっていました?

 

僕は野球をやっていました。

 

小学2年生の時に、
家の前のお兄ちゃんが
ソフトボールをやっていて、
すごくカッコよかったんですね。

 

それが、きっかけで野球を始めました。

 

小学生はソフトボールチームに入って、
中学生の時はボーイズリーグという
硬式球を扱うクラブチームに所属しました。

 

高校はありがたいことに推薦で
大阪の高校に入学することができました。

 

部員数100人いる野球部でしたが、
2年生の時に新チームでレギュラーを獲得。

 

しかしそれ以降は
結果を残すことができずに
ベンチからも外れてしまって、、、

 

って、

過去の話をしたいわけではありません(笑)

 

ここからが本題です。

 

僕は守備が得意でした。

 

むしろ、守備の評価が高くて
レギュラーになれたくらいです。

 

でも、それも当然で

毎日鬼のように
ノックを受け続けましたし、

暇さえあれば
守備の練習をしていました。

 

だから、
自分の守備にも
自信があったんですね。

 

で、僕は守っている時、
打席に入るバッターの雰囲気をみて、

大体どこにボールが飛んでくるのか
予測することができる
くらいまでになっていました。

 

そこそこ感覚が
研ぎ澄まされていたのですが、
それよりも上の感覚を
何度か体験したことがあります。

 

それが、

バッターが打つ前から
ボールの飛ぶ方向に走り出すこと(笑)

 

何言っているかわかりませんよね^^;

 

自分でも何を言っているのか
わかりませんが、

とにかくバッターが打つ前に
ボールの飛ぶ方向に
走ることができるんです。

 

しかも不思議なことに走り出した
その先にボールが飛んできます。

 

そして、その時は周りが
スローモーションになるのです。

 

自分でも何が起こっているのか
説明できない状態なのですが、

自画自賛できるくらい
良いプレーができます。

 

さて、

これは僕が特別なのかと言えば、
そうではないと思っています。

 

なぜなら、

それまで何万球、何十万球、何百万球と
ノックを受けていたからです。

 

そのおかげで、
頭で考えなくても

体が勝手に反応するくらいまでに
なっていました。

 

この感覚は野球の時だけではありません。

 

アパレル販売をしている時も、
セールストークが何も考えてなくても
スラスラ出てきていました。

 

そして、今もそうです。

 

一度集中し出したら、

勝手に指が動き出して、

頭の中にある言葉をキーボードで
打ち続けることができます。

 

もちろん、

それまでには必要な情報と
必要な素材を集めて、

あとは書くだけの
状態にしているから
というのもありますが、

僕は一度集中すると
何も考えることなく、

タイピングすることが
できるようになってきています。

 

でもその理由もわかっています。

 

単純に書きまくってきたからです。

 

下手でも下手なりに考えて
書きまくっていました。

 

少し上達したと思っても
下手な時よりも
さらに書きまくりました。

 

また月収が50万円、100万円を
超えても書きまくっています。

 

しかも、
仕事で書くだけではなく、
毎日写経もしています。

 

よく周りからは

「藤原さんって書くの早いですよね」

って言われます。

 

自分ではもっと書くのが
早い人がいると思っていますし、
まだ早くないと思っています。

 

でも、周りから
そう言われるようになった、
最大の理由は間違いなく

「書きまくっているから」

 

僕は正直書く量は、
誰にも負けないと思っています。

 

もちろん
もっと書いている人が
いることはわかっています。

 

しかし、こうやって何も考えずに
スラスラ書けるくらい状態になったのは、

それだけ書いてきた証拠ですから、
自信を持っているのです。

 

さて、あなたは今書くとき、
どんな状態ですか?

 

何を書いていいか
わからない時ありますか?

 

もし、そんな状態なら
その原因は単純に
書く量が少ないだけです。

 

書きまくりましょう。

 

書きまくったら、
何も考えなくても
スラスラ書けるようになってきます。

 

というわけで、
本日も書きましょうね。

 

それでは
本日も素晴らしい1日を過ごしていきましょう!

 

藤原

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったら今すぐシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

セールスコピーライターが最短最速で独立を成功させるための無料レポート

独立を1年以内に成功させるセールスコピーライターのための仕事の獲得方法やマインドセット、時間管理術などについてまとめているので、非常にお役に立つはずです。

この記事を書いた人

父はサラリーマン、母は専業主婦と一般的な家庭で不自由なく過ごさせてもらい、4年制大学卒業後、商社に入社。

その後、脱サラして個人セレクトショップで販売・セールスの基礎を学ぶ。

4年半働いたアパレル販売を退社。

フリーターとして飲食店で働きながら、将来の夢は特になく漠然とただ過ごす日々を送る。

そして30歳が見えてきた29歳の時に転職活動中に

「ペン一本あれば食いっぱぐれないスキル」

という謳い文句に惹かれセールスライティングに興味を持つ。

しかし、2年半で200万円以上の教材を購入し勉強するもたった2万円しか稼げずにセールスコピーライターを諦めかける。

そんな時に2020年4月にコロナウイルスの影響で32歳にして無職になる。

収入源がなくなり、それまで2年半勉強していたセールスライティングで収入を得ることを決意。

それから4ヶ月後には月商66万円を達成し、同年10月には月商132万円。

2021年4月に月商201万円、同年7月には月商375万円を達成し、年商1400万円を突破。

2022年はクライアントの右腕ポジションで年間契約1000万円を結び、現在4社と月額契約を結ぶ。

駆け出しセールスコピーライターが案件を獲得するための営業文作成を得意とする。

出身:大阪
趣味:読書
特技:時間管理

コメント

コメントする

目次