奥さんにバカにされました…

  • URLをコピーしました!

藤原です。

昨日の夜のことです。

奥さんにバカにされました…

なぜバカにされたのか?

ワケをお話ししましょう。

昨日は1日中ある案件のことを
考えていたんです。

でも、
なかなか良いアイデアが思いつかず。

そして、事務所から帰宅。

ちょっと仕事をして
昨日はいつもより遅めに
お風呂に入ったんですね。

んで、体も洗い終わり
お風呂に浸かって、

「さて、もうあがろうかな」

と思った時に

「おっ、これはどうだ?」

ちょっとしたアイデアが
降ってきました。

なので、
すぐにお風呂から上がり、
スマホを手に取り、
フル〇ン姿でメモしていたんですね。

そしたら奥さんがやってきました。

そしてフル〇ン姿で
真剣にスマホを触る僕を見て、

「なにしてんの?」

と笑いながら言ってきたんです。

僕は

「いや、メモしたいことを思いついたから
 忘れないようにメモしてる」

と言うと、笑うんです。

僕は

「笑わんといて、
 メモしたいこと忘れるから」

と言ったら、奥さんが

「いやいや、
 ゆうきくんこそ笑かしてきてるやん」

と反論。

さらに僕は

「だから話しかけてきたら、
 忘れちゃうから今はあかん」

その言葉に対しても笑う奥さん。

非常に危ない状態でした。

奥さんとの会話で
大事なことを忘れるところでした。

でも、無事にメモできたので一安心。

これまでのメルマガでも
何度か触れてきましたが、
僕はお風呂に入っている時に
アイデアが思いつきます。

でも、思いついたことは
悲しいことにすぐに忘れてしまいます。

あなたも思いついた
良いアイデアを忘れてしまったこと
ありませんか?

僕はしょっちゅうあります。

だから

「お、これはメモしておかないと」

という時はすぐにメモを
するようにしています。

僕たちセールスコピーライターの仕事は
8割くらいライティングという労働です。

あと2割くらいは
クリエイティブな仕事。

コンセプトやビッグアイデア、
シナリオ、ヘッドラインなどの部分ですね。

でも、この2割が
結果の8割を決めるくらい
とても大事。

つまり、
良いアイデアを逃すということは、
結果の8割を逃すかもしれない
ということでもあるんです。

だから僕は良いアイデアを
思いついたら逃したくありません。

これは売れるぞ!
と思ったことはすぐにメモします。

たとえ、
フル〇ン姿でメモしていて
笑われても逃したくないんです。

人間はすぐに忘れる生き物です。

あなたがお客さんの売上や集客に貢献したいのなら、
アイデアを忘れないような工夫をしてみてください。

(株)FJC代表
藤原由基

■追伸.

もしあなたがフル〇ン姿で
真剣な顔でメモしている姿を見たら、
バカにしますか?

それとも称賛しますか?

答えにくい質問かもしれませんが、
回答待ってます(笑)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったら今すぐシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

セールスコピーライターが最短最速で独立を成功させるための無料レポート

独立を1年以内に成功させるセールスコピーライターのための仕事の獲得方法やマインドセット、時間管理術などについてまとめているので、非常にお役に立つはずです。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次